SSブログ

点字を発明したルイブライユの歴史と生活 [ルイ・ブライユ]

ルイ・ブライユ(Louis Braille)
生年月日:1809年1月4日生まれ
出身地:フランス セーヌ・エ・マルヌ県 クプヴレ村
200px-Braille.jpg
引用元(ウィキペディアより)

点字を発明したルイブライユの歴史と生活はどんなものだったのでしょう?



ルイブライユはどんな生活だったか



⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生


父親が馬具や革靴の制作職人で自宅に工房があり、
ルイ・ブライユはよく工房で遊んでいました。

ルイ・ブライユが3歳の時、工房で遊んでいるうち、
父親の工具の錐(きり)で誤って眼球を突き破って
しまいました。

この事故で左目を失明してしまい、その後感染症で
5歳の時に右目も失明し、全盲になってしまったのです。

<スポンサーリンク>





ルイ・ブライユはパリの盲学校に通っていたが、
在学中にそれまでの12点式の点字を改良し、6点式の
点字を発明しました。

ルイ・ブライユはパリの盲学校を卒業後、同校の
教官に就任し、視覚障がい者が書きやすいように
楽譜や数式などの点字の書き方も定めたのがきっかけ
で、世界中で使われる点字として広まりました。
ルイブライユ点字楽譜.gif
引用元http://ord.yahoo.co.jp/

ルイ・ブライユの晩年は、教会のパイプオルガンを
演奏するなどして活躍しました。

1852年1月6日に肺結核の為死去。43歳でした。



クプヴレ村ルイ・ブライユ通り13番地にある
彼の生家は点字博物館として公開されていて、
世界中の視覚障害者たちが訪れています。

ルイブライユが発明した点字について


ルイ・ブライユが6点式の点字を発明するまでは
12点式が使われていました。
12点式はフランス軍の軍人、シャルル・バルビエ(Charles Barbier)
がもたらした方式です。

12個の点の組み合わせで文字を表すのでは解読まで
時間もかかりますし、点字を書く方も大変ですね。
ルイ・ブライユは点の数を半分にして読む方も書く方も
便利に生活できるような偉大な発明をしたのですね。

<スポンサーリンク>





<スポンサーリンク>


⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生

■こちらの記事も読まれています
⇒濱田岳の秘密
⇒ラ フェラーリ 日本人購入者
⇒小林麻耶 ブログ批判内容
⇒人間用自動シャンプー
⇒辰吉丈一郎 パンチドランカー症状動画

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます