SSブログ

ラ フェラーリ 日本人で買えたのは誰? [フェラーリ]

ラ フェラーリは世界で499台限定で販売された、高級車。

価格はなんと1億2000万円~だとか。

ラ フェラーリはお金があれば買えるってことではなく、購入条件もあるそうです。

購入のハードルが高いラ フェラーリですが、日本人も買ってるらしいですね。

いったいどんな方が買ってるんでしょう?

ラ フェラーリの日本人オーナーを調べてみました。

<スポンサーリンク>






ラ フェラーリの性能


フェラーリエンブレム350.jpg
引用:https://www.flickr.com/photos/128326674@N06/

ラ フェラーリは価格もさることながら、性能もすごいです。

市販車なのに、プロのレーシングドライバーが唸るほどだそうです。

エンジンとモーター合わせて1,000馬力近く。(最高出力963馬力)

最高速度は時速350キロ以上。(以上ってどんだけ出るんでしょう!?)

時速100キロのスピードに達するまで3秒かからないみたいです。

凄い加速度ですね。

燃費はリッターで6.8キロほどらしいです。

ラ フェラーリの性能って日本人に必要なのか・・・と思わずにはいられませんが、ラ フェラーリ
の魅力は性能だけじゃないんですよねーきっと。


フェラーリのデザイン




フェラーリのデザインはイタリア人の方が作ることがほとんどだそうですが、初めてイタリア人デザイナー以外のデザインが採用されたのはなんと日本人デザイナーのものだそうです。

しかもフェラーリの創業者の名を冠した「エンツォ フェラーリ」のデザインですって。
エンツオ350.jpg
引用:http://barbarossa.red/limited-supercar/

その日本人デザイナーは奥山清行さんと言う方だそうです。

意外なところで日本人もフェラーリと関わってたりするんですね。


ラ フェラーリのデザインも素敵だと思います。
ラフェラーリ350.jpg

引用:http://auto.ferrari.com/ja_JP/sports-cars-models/car-range/laferrari/

<スポンサーリンク>






ラ フェラーリの日本人オーナー



ラ フェラーリの日本人第一号オーナーとなったのは、松田芳穂氏だそうです。

誰?と思う方も多いかもしれませんが、松田氏はクラシックフェラーリの世界的コレクターです。

フェラーリによるレース活動にも積極的にされてきたような方だそうです。

2006年には、イタリア共和国政府から、自国文化への貢献を認められ、功労勲章「イル コンメンダトーレ」を受勲しているんです。

ラ フェラーリもそうですが、フェラーリがいかにイタリアを象徴する車かってことがわかりますね!

ラ フェラーリの日本人一号オーナーの松田氏は、過去にはフェラーリ美術館の館長でもあったそうで、生粋のフェラーリファンのようですね。

今はフェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパンの名誉顧問を務めているそうです。

日本人メンバーは300人、世界で13,000人のメンバーで構成されているみたいですが、ラ フェラーリのオーナーは皆入会してるんでしょうか・・・。

庶民には想像もできない世界ですね。

⇒関連記事 ラ フェラーリの購入条件

<スポンサーリンク>





■こちらの記事も読まれています
⇒濱田岳の秘密
⇒ラ フェラーリ 日本人購入者
⇒小林麻耶 ブログ批判内容
⇒人間用自動シャンプー
⇒辰吉丈一郎 パンチドランカー症状動画

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます