SSブログ

問題あり?【エコキャップ運動】ペットボトルのふた集めは無意味!? [エコ]

【エコキャップ運動】

最近コンビニでもよくみかける、ペットボトルのふたの回収BOX
コンビニだけではなく、スーパーや駅、パチンコ屋さんなどにも置いてあるようです。
エコキャップ運動と呼ばれ、ペットボトルのふたをリサイクル業者に売った代金で、
困の為ワクチンが買えない国の方々に寄付をしよう、
活動を通じて、貧困などの社会問題を考え、学ぶきっかけを提供しようという主旨で始まった活動です。

私はつい最近まで、ペットボトルの本体同様リサイクルの一環だと思っていましたが、
単なるリサイクル以外の意図もあったんですね。
【どれくらい集まるといくらになるのか】

キャップ1㎏(約400個)で15円
このうち10円がワクチンのための寄付となります。

学校での回収の場合だと、全校生徒が400人と仮定して、一人一本分回収とすると、
毎日15円ずつですね。
一か月でおよそ450円になります。
うち寄付金は300円になる計算です。

【ワクチンはいくら?】
エコキャップ運動で寄付の対象としてよく出てくるのがポリオワクチンです。
このポリオワクチンは一人分で約20円とされています。

ポリオだけではなく、はしかや結核など他のワクチンにも充てられるようですが、
ポリオは経口投与の為、注射器などの機器が整っていなくてもよいことから、
活動の主体となっているようです。
【どれくらい救えているのか】
全校生徒400人の学校で、上記の計算でいくと一か月300円の寄付なので、
20円のワクチンを15本買えることになります。
学校ぐるみで取り組めば多くの人を救えそうな気がしますね。

しかし、簡単な計算では済まない現実的な問題があることがわかりました。

【寄付金以上のコスト】
回収したペットボトルのふたをリサイクルするためには、
回収業者がまとめてリサイクル業者に送るので、送料がかかります。
送料以外にも、ペットボトルのふたの素材によってリサイクルの工程が違うそうで、ため、
分別の手間が必要らしいのです。
分別を効率よく行う機械もあるようですが、導入には5,000万円ものコストがかかるので、
現実的ではありません。
回収のための袋代や回収BOXの代金など、別途かかる経費も多いので、わざわざペットボトルのふた
の回収などせず、直接寄付を募った方がいいのでは?
等の声も上がっているほどです。

【結局ペットボトルのふたの回収は無意味なのか?】
単純に金額のことだけを考えると、無意味とか非効率とか言われるのもわかるような気がします。
しかし、冒頭でも触れた通り、活動を通じて貧困などの問題を考えたり学んだりし、
ペットボトルのふたの回収・リサイクルとは別の切り口からのボランティアや援助活動に
つながるきっかけになり得るのであれば、決して無意味ではないと思います。
活動団体が暴利を貪っているってことだと話は別ですが・・・。
団体には明瞭な活動内容、寄付内容を知らせてほしいものです。



【活動団体】

特定非営利活動法人エコキャップ推進協会
特定非営利活動法人全国障害者福祉援護協会 エコキャップ推進協会


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます