SSブログ

藤田菜七子さん退学説はほんと?? [競馬]

藤田菜七子さんが新規騎手免許試験に合格し、
中央競馬界では16年ぶりの女性騎手誕生で話題になっていますね。


藤田菜七子さんについて調べてみると、退学説退学危機説なんてのもありました。
どういったことなのか気になりますよね。

<スポンサーリンク>






藤田菜七子さんが終了した競馬学校騎手過程は3年間で、
毎年15名程度の募集があるようですね。


年齢・体重・視力に一定の条件があって、
それらを満たしつつ運動能力や学科試験、面接等を経て入学となります。
入学審査では本人だけではなく、家族の体格も考慮されるとか。
確かに3年間でみるみる太ったり体格が大きくなったら騎手適正はなくなっちゃいますしね。


試験会場は平成27年は全国で4か所のみ

千葉県の競馬学校
滋賀県の栗東トレーニングセンター
北海道の札幌競馬場
福岡県の小倉競馬場

です。

藤田菜七子さんは出身が茨城県なので千葉の競馬学校で受験したんでしょうね。

遠い方だと大変そう・・・。


ちなみに平成28年の募集は6月頃のようです。



晴れて入学後は入寮して規則正しい生活が必須


藤田菜七子さんも毎日こなした日課です。

【起床】5:30
 
毎朝体重オーバーがないかを計測 体重管理も騎手の仕事です。



【厩舎作業】6:00
 
 各自2頭の馬を管理するそうで、馬房の清掃や馬の健康チェック、餌やり等を行います。



【朝食】7:00

 栄養士が常駐していて、栄養バランスと体重コントロールを考えたメニューでの食事です。
 食堂入口には各自の体重推移表が張られているとか。
 それほど騎手にとっては体重って重要なんですね。


【実技】7:30~12:00

 実技教官4名体制で、馬術の基礎からレース騎乗の実践訓練、騎乗姿勢、馬への指示方法
 と、様々な角度からの指導です。

 ここがしっかりできていないと、落馬事故を招きかねないですよね。


【昼食】12:00~
 
 午後への英気を養います


<スポンサーリンク>






【学科】13:00~15:00

 馬に関する専門科目だけではなく、アスリートとして心身を鍛える為の科目、
 一般常識科目等多岐に渡ります。


【厩舎作業】15:00

 馬も夕食タイムです。もちろん馬房の清掃等も。



【夕食~自由時間】17:00~22:00

 夕食を含めての5時間がフリーの時間に。
 フリーと言っても各自トレーニングや学科の勉強、学習に当てます。


【消灯】22:00
 
 規則正しい生活のためには睡眠も大事ですね。


このタイムスケジュール、

夏季期間は 起床4:00~消灯21:00 になるようです


以上、情報はJRAサイトからの抜粋ですが


藤田菜七子さんはこの生活を3年間全うしたわけですね。



厳しいスケジュールと体重管理ですので、中には耐えきれず退学する方もいると思いますが、

藤田菜七子さんは退学せず、ご自身の夢を叶えたんです。


退学説、退学危機って情報も、競馬学校の厳しさから出てきた噂のようです。


一般の高校などと比較はできないほど、競馬学校の中途退学者数は多いそうなので、
藤田菜七子さんはよほど高いモチベーションを維持できたんでしょうか。



藤田菜七子さんは3月にデビューする見込みです。


活躍が楽しみですね。


<スポンサーリンク>





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

ドゥラメンテ骨折で予後は?復帰はどうなる? [競馬]

今年の皐月賞・ダービーを制覇し2冠馬となったドゥラメンテ
(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が北海道の放牧先で骨折したことが判明しました。
ドゥラメンテ.jpg
引用元(http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=11qjmn5qj/EXP=1435478491;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMQRvaWQDYnV6ejBkZ3NzdzJmdUZabzI2BHADNDRPSjQ0S2w0NE9wNDRPaDQ0T3o0NE9HBHBvcwMxBHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy/**http://db.netkeiba.com/horse/2012104511/

菊花賞制覇で3冠馬を狙うのか、はたまた凱旋門賞にて悲願の日本競馬初制覇を狙うのか、
競馬ファンのみならず動向が注目となっていた矢先のドゥラメンテの骨折の発表。

気になるのは予後ですが、レース復帰はあるのでしょうか?
dるらめんて.jpg
引用元(http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=129or6755/EXP=1435478492;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU2xoYXF6TmxwdTNwbmJXbUI3c1otZVhIblJRUThMMHdWX1Frb290UTN0T1Y1eDJvTG0tOUZMWUFzBHADNDRPSjQ0S2w0NE9wNDRPaDQ0T3o0NE9HBHBvcwMyMQRzZWMDc2h3BHNsawNycg--/**http://blogs.yahoo.co.jp/chokobostallions/64927369.html


復帰の見込み

競走馬の骨折

ただでさえ思い体重を支えているは4本の脚があってこそ。
一本でも故障してしまうと400〜500kgの重い体重を支えるには、他の脚にかかる負荷は相当なもの。

競走馬はその負荷で立てなくなってしまうし、横たわって養生するにしても床ずれのように
皮膚にもダメージが出ます。内臓にも負担がかかってしまうので、それを回避しようと吊るして立てるように器具をつけるとそれは
それでストレスに。

治療が長引くようだと負荷ばっかりで良くならず、結局競走馬の為に安楽死を選択せざるを得ない
ってこともあるようです。


ドゥラメンテの骨折は

全治6か月相当ということで、来年の3月から4月のレース復帰を見込んでいるようです。
ひとまず治療の目途がたつくらいの骨折のようで、ほっとしましたが、復帰後のコンディションが気になりますね。

復帰後の走りに注目です。
ドゥラメンテ2.jpg
引用元(http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=11t8pktmq/EXP=1435478491;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUU81V1JzYlVtTVk5bVhjU0hXeXo5MEpEN2VfTkNLUFlBeFE1SVpwVFktT2VKbjR1M0h4MHJmYzVjBHADNDRPSjQ0S2w0NE9wNDRPaDQ0T3o0NE9HBHBvcwM4BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy/**http://moukarukeiba.ever.jp/2015/04/19/5847

<スポンサーリンク>




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます