SSブログ
高畑充希 ブログトップ

高畑充希 実家の会社名はアレそのまんま  [高畑充希]

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」に続き「とと姉ちゃん」にも出演し

ノリにノッてさらなるブレイクに期待がかかる高畑充希さんですが、

実家は父親が会社経営とのことで、実家の会社はノッているのか!?

会社名も含め気になりましたので調べてみました。

⇒関連記事 高畑充希 歌の始まりはコブクロ
⇒関連記事高畑充希 中学時代に


<スポンサーリンク>





高畑充希 実家の会社名は



高畑充希さんの実家は大阪府東大阪市

高畑充希さんの父親が経営している会社も東大阪市にあるようです。


会社名はなんと


株式会社 高畑

まあそのまんまでしたね。

<スポンサーリンク>





高畑充希 実家の会社はイケてるのか



高畑充希さんの実家の会社は祖父が創業した、高畑商店が元になっているようです。

スプリングや接着剤など、椅子、ソファーに使用される資材を中心とした事業内容で、

長く信頼を築き、1991年にはオリジナルブランド「チェアラップ」を確立して

経営は盤石になったと言えそうです。


創業当初からの古い顧客も多いことと、木工家具業界での材料に特化した事業内容で、

大手企業が参入しにくい環境だそうで、そういった中でのオリジナルブランド、

製品が展開できるということは会社にとって大きな強みですよね。


景気の良し悪しや流行り廃りにはあまり影響されない、安定した会社と言えそうです。


高畑充希 実家の会社は働き甲斐があるのか



エンジャパンの「カイシャの評判」によると、


平均年収は450万円

平均勤務時間は8時間未満

らしいです。


今は年収300万円時代と言われてますので、勤務時間8時間未満でこの年収ならアリ??


本記事投稿時点では求人は出ていないようですが、もし出ていたら応募考えます・・・。


ちなみに待遇は

週休二日制(土日祝、月1~2回土曜出社あり)

夏季休暇、年末年始休暇 他、年間休日122日

昇給年1回

賞与年2回(3か月分)

交通費全額支給

社会保険

営業手当

時間外手当

厚生年金基金

確定拠出年金

退職金制度(勤務3年以上)


残業は月5~6時間ほどだとか。

主にルート営業での求人を出しているようです。(要普通免許)

勤務地は東京営業所(王子) または九州支店(大分)


高畑充希さんの実家がある東大阪で求人があればもしかしたら・・・


なんてことも思っちゃいますが、ひとまず会社としては全うな会社で

安心しました(笑)

⇒関連記事 高畑充希 歌の始まりはコブクロ
⇒関連記事高畑充希 中学時代に


<スポンサーリンク>




高畑充希の歌はコブクロから始まった? [高畑充希]

高畑充希さんはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを演じ

これからの活躍も楽しみな女優さんですよね。

2013年もNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演したときから

注目の女優さんとして話題でした。

オリコンが発表した2015年上半期ブレイク女優ランキングでは

堂々3位にランクインしてましたね。

年間でも10位と貢献、今年のランキングも楽しみです。

そんな高畑充希さんは音楽活動では「みつき」名義でも出していますよね。

高畑充希さんは歌は下手だなんてことも言われているようですが、

実際どうなんでしょうか?

⇒関連記事 高畑充希の中学時代





高畑充希さんの歌について



歌手デビューは2007年



きっかけはコブクロの小渕健太郎さんが高畑充希さんのデモテープを聴いて

その歌声に惚れ込んだからだそうです。

コブクロの小渕さん曰く

何か内に秘めたものを抱えたままじわじわと届ける、独特な世界に引き込まれた
とのこと。

そして高畑充希さんの「みつき」名義の歌をプロデュースすることになったんですね。

高畑充希さんもコブクロの大ファンで、デビューが決まって喜びを通り越して

嘘じゃないかと不安になるほどだったそうです。


このコブクロ小渕さんプロデュースの「大切なもの」には小渕さんもコーラス参加を

するなど、期待の高さも伺える曲でした。


高畑充希さんがヒロインを演じた映画『ドルフィンブルー フジ、もう一度宙へ』

の主題歌としても採用され、申し分のない歌手デビューとなりましたね。


「大切なもの」と同シングルに収録の「ひとつだけ」はドラマ「セクシーボイスアンドロボ」

の主題歌にもなっています。


コブクロとの縁



高畑充希さんはNTTドコモのCM ドコモ光得ダネを追え!永遠に光」篇で

コブクロの名曲「永遠にともに」の替え歌を歌っていることも話題になりました。

サビ部分で「光」を連発して歌うネタ仕様でしたが、高畑充希さんの感情がこもった

熱唱シーンに思わず釘づけになっちゃった方も多かったのではないでしょうか?

このCMでの共演も含め、高畑充希さんとコブクロは何かと縁があるようですね。





高畑充希さん歌手デビューのその後



2007年のデビュー以降は2008年にかけてシングル2作品を発表しています。

意外にも2作品ともコブクロプロデュースではないんですね。


「瞳ひらいて」川嶋あいさんプロデュース

「夏のモンタージュ」竹内まりやさんの楽曲です。


「みつき」名義でのシングルはこれまでの3枚のみのようです。


アルバムは「COLOR」を河口恭吾さん、矢井田瞳さんらの楽曲提供でリリースしています。


この後は2014年までリリースがありません。


2014年の3月に高畑充希名義でアルバム「PLAY LIST」をリリース。

これ、待ってる人は待ってたんじゃないでしょうか??

このアルバムには「ごちそうさん」劇中の歌声で脚光を浴びたものや

過去のミュージカルなどで歌った曲が収録されているようで、

高畑充希さんファンにはたまらない作品ですよね。



高畑充希さんの歌のランキングは



個人的にすごく好きな高畑充希さんの歌ですが、オリコンのランキングを調べてみました。

シングル



大切なもの:オリコン最高18位 登場回数6週

瞳ひらいて:オリコン最高100位 登場回数1週

夏のモンタージュ:オリコン最高30位 登場回数6週


アルバム



COLOR:オリコン最高49位 登場回数3週


まあオリコンランキングは参考程度と考えてますが、

高畑充希さんってもっと歌手としても注目されてもいいんじゃないかなー

と思います。


コブクロが惚れた高畑充希さんの歌声って声の出どころに特徴があって

人によってはもしかしたら好き嫌いがあるかも知れません。

個人的にコブクロも好きなのでってわけではないですが、

高畑充希さんの歌声は好きな部類なんです。


2015年にはデビュー10周年で初のワンマンライブをやってますが、

初ってのも意外ですし、もっと音楽活動やっちゃえばいいのにー

って勝手ながら思っちゃいます。

でも本業は女優ですもんね・・・。


でも今後の歌手としての活動にも注目したいと思います。

⇒関連記事 高畑充希の中学時代




高畑充希 中学 どこで女優を目指した?? [高畑充希]

高畑充希さんはNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でも

女優としての圧倒的な実力を垣間見せていますよね。


高畑充希さんは中学から偏差値70を超える難関校

通っていたりと高学歴で、さらに社長令嬢ということも

話題になっています。


高畑充希さんが入学・卒業した中学について調べてみました。

⇒関連記事 高畑充希の歌にコブクロが?

<スポンサーリンク>






高畑充希さんが通った中学は
京大・阪大に毎年50人以上排出 中高一貫の名門

高畑充希さんが通ったのは地元大阪の名門私立


四天王寺中学校


設立はなんと推古元年!!

っていつだかわかりませんよね(笑)


西暦でいうと593年です。


あの聖徳太子が設立した四天王寺敬田院のがこの年で、


四天王寺学園そのものは、聖徳太子1300年御忌記念事業で

1922年に設立の天王寺高等女学校が始まりだそうです。



高畑充希さんはそうとう歴史のある学校に通ってたんですね。


学園は聖徳太子とゆかりがあるだけに、

和の精神を礎とする信念ある女性の育成を教育方針としています。


そういえば高畑充希さんも和の精神をまとったような

オーラを感じることがありますよね!

自分だけかもしれませんが・・・

<スポンサーリンク>





高畑充希さんが通った中学出身の著名人
四天王寺学園は中高一貫ですが、高校までを含めると

同学園出身の著名人は結構いるようですね。


秋野暢子さん

柚希礼音さん(元宝塚歌劇団星組トップスター)

金井克子さん

小椋久美子さん(元バドミントン選手)

伊藤みどりさん(卓球選手)

石川佳純さん(卓球選手)

木村沙織さん(バレーボール選手)

岡本依子さん(テコンドー選手)

涼紫央さん(元宝塚歌劇団星組男役)

有名スポーツ選手も多いのも驚きですね。


高畑充希さんはどこで女優を目指したか

さて、この中高一貫の名門に進んだ高畑充希さんは

高校は上京して別のところに通います。


四天王寺学園は卒業後は有名大学への進学を目指す人が多く

大学卒業後は医者や弁護士になりたい人たちばかりだそうです。


そんななか、高畑充希さんは女優への夢を周りに語ったりは

できなかったそうですね。

周りとの温度差がありすぎて、友達や友達の親の視線が

痛かったらしいです。


高畑充希さんの親も地元で有名な社長ですし、下手なことを

言ってしまうと、どこで誰が聞いてるかもわかりません。


私生活でも発言に気を遣ったでしょうね。



高畑充希さんはどうやら小学校のときから女優にあこがれて

いたようで、どこから女優を目指したかってなると

小学校からって言えそうです。


ご両親が大好きなミュージカルによく連れていかれたのが

きっかけで、舞台女優に憧れていたそうです。

ご両親も、中高一貫の名門校に入ってはいましたが、

高畑充希さんの真剣な舞台女優への夢を応援することになったようです。


高畑充希さんがホリプロのオーディションに合格したのは

中学2年のとき。


2年後の2007年にミュージカル「ピーターパン」でピーターパン役に

抜擢された後はとんとん拍子って感じですね。


どこにでもいる女の子がひょんなことから大女優に!


ってわけではなく、素質と環境にも恵まれていて、才能を活かせる

ところがそこにあったと言ったところでしょうか。


これからの高畑充希さんにも期待しましょう!

⇒関連記事 高畑充希の歌にコブクロが?

<スポンサーリンク>




高畑充希 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます