SSブログ
フェラーリ ブログトップ

ラ フェラーリ 購入条件 ハードル高すぎて誰が超えられるの? [フェラーリ]

世界で499台限定で発売されたラ フェラーリ。

ハイブリッドで1000馬力に迫る性能と、1億6000万円の高額な購入価格でも話題ですね。

いったい誰が買えるの? と庶民である私は思いますが、ラ フェラーリの購入条件は1億6000万円払えばいいってもんじゃあないみたいです。

<スポンサーリンク>





フェラーリの購入条件



ラ フェラーリに限ったことではなく、歴代のフェラーリにも購入条件はあったそうです。

エンツォ フェラーリの時は、F40かF50を持っていれば購入条件に当てはまったらしいです。

そうは言ってもF40は新車価格で4500万で、中古市場に出回っているもので1億を超える価格で取引されているそうなので、こちらも購入条件を満たすってのは庶民では考えられないですね。

<スポンサーリンク>






ラ フェラーリの購入条件その1



ラ フェラーリの購入条件はフィリピンの方が実際に購入する際に、情報公開されたようです。

そのラ フェラーリの購入条件とは

正規ディーラーでフェラーリを最低5台購入する事。

だそうです。

最低5台って・・・。

仮に1台4000万円で計算すると、2億。

で、ラ フェラーリの購入価格が1億6000万円だから、ざっと3億6000万円はかかる計算になるんですね。

恐るべしラ フェラーリ。

最低5台の中には、指定車があって5台の内1台は『458スぺチアーレ』であることがラ フェラーリの購入条件になっているらしい。


ラ フェラーリの購入条件その2



『458スペチアーレ』を2年以上の所有すること

『ラ フェラーリ』は購入後18ヶ月は転売しないこと

転売目的でラ フェラーリを買う人をけん制してるんでしょうか・・・そんな人いるのかなー。

と思ったら、ヤフオクでラ フェラーリが出品されていたそうですね。


2億3000万円~となっていたようです。


ヤフオクでのラ フェラーリも購入条件



ヤフオクでのラ フェラーリの購入条件は、弁護士同伴での購入契約だそうです。

まあ不動産を買うようなもんですからね、慎重な売買契約も必要そうですし、今後発売されるフェラーリの購入条件にも影響しそうですもんね。

ちなみに、ブガッティ・ヴェイロンは楽しんごさんが購入したとかで話題になりましたが、こちらの購入条件としては、毎年のコンスタントな収入と相当の社会的地位が必要とのこと。

楽しんごさんが買えたのは彼がその購入条件を満たしてたってことなのでしょうかね?


それはさておき、ラ フェラーリをはじめとする高級車の購入条件は国によって異なるって噂もありますが、日本ではフェラーリのオーナーズクラブに優先的に枠が回ってくるそうなので、ラ フェラーリに続くフェラーリの購入を検討されている方は入会した方がよいでしょう。

入会条件のハードルが高そうですが(笑)

⇒関連記事 ラ フェラーリ 日本人購入者

<スポンサーリンク>





ラ フェラーリ 日本人で買えたのは誰? [フェラーリ]

ラ フェラーリは世界で499台限定で販売された、高級車。

価格はなんと1億2000万円~だとか。

ラ フェラーリはお金があれば買えるってことではなく、購入条件もあるそうです。

購入のハードルが高いラ フェラーリですが、日本人も買ってるらしいですね。

いったいどんな方が買ってるんでしょう?

ラ フェラーリの日本人オーナーを調べてみました。

<スポンサーリンク>






ラ フェラーリの性能


フェラーリエンブレム350.jpg
引用:https://www.flickr.com/photos/128326674@N06/

ラ フェラーリは価格もさることながら、性能もすごいです。

市販車なのに、プロのレーシングドライバーが唸るほどだそうです。

エンジンとモーター合わせて1,000馬力近く。(最高出力963馬力)

最高速度は時速350キロ以上。(以上ってどんだけ出るんでしょう!?)

時速100キロのスピードに達するまで3秒かからないみたいです。

凄い加速度ですね。

燃費はリッターで6.8キロほどらしいです。

ラ フェラーリの性能って日本人に必要なのか・・・と思わずにはいられませんが、ラ フェラーリ
の魅力は性能だけじゃないんですよねーきっと。


フェラーリのデザイン




フェラーリのデザインはイタリア人の方が作ることがほとんどだそうですが、初めてイタリア人デザイナー以外のデザインが採用されたのはなんと日本人デザイナーのものだそうです。

しかもフェラーリの創業者の名を冠した「エンツォ フェラーリ」のデザインですって。
エンツオ350.jpg
引用:http://barbarossa.red/limited-supercar/

その日本人デザイナーは奥山清行さんと言う方だそうです。

意外なところで日本人もフェラーリと関わってたりするんですね。


ラ フェラーリのデザインも素敵だと思います。
ラフェラーリ350.jpg

引用:http://auto.ferrari.com/ja_JP/sports-cars-models/car-range/laferrari/

<スポンサーリンク>






ラ フェラーリの日本人オーナー



ラ フェラーリの日本人第一号オーナーとなったのは、松田芳穂氏だそうです。

誰?と思う方も多いかもしれませんが、松田氏はクラシックフェラーリの世界的コレクターです。

フェラーリによるレース活動にも積極的にされてきたような方だそうです。

2006年には、イタリア共和国政府から、自国文化への貢献を認められ、功労勲章「イル コンメンダトーレ」を受勲しているんです。

ラ フェラーリもそうですが、フェラーリがいかにイタリアを象徴する車かってことがわかりますね!

ラ フェラーリの日本人一号オーナーの松田氏は、過去にはフェラーリ美術館の館長でもあったそうで、生粋のフェラーリファンのようですね。

今はフェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパンの名誉顧問を務めているそうです。

日本人メンバーは300人、世界で13,000人のメンバーで構成されているみたいですが、ラ フェラーリのオーナーは皆入会してるんでしょうか・・・。

庶民には想像もできない世界ですね。

⇒関連記事 ラ フェラーリの購入条件

<スポンサーリンク>





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
フェラーリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます