SSブログ
飛蚊症 ブログトップ

飛蚊症の治し方 レーザー治療は症状を完治することは不可能? [飛蚊症]

飛蚊症の治し方のひとつにレーザー治療があるそうですが、飛蚊症の原因や症状によってはレーザー治療が有効だったりそうではなかったりします。飛蚊症の治し方でレーザー治療が有効になるのはどのようなタイプの飛蚊症なのでしょうか。レーザーによる飛蚊症の治し方をみていきましょう。

⇒関連記事 飛蚊症に三共漢方薬品は効果があるの?

<スポンサーリンク>






2013年夏から、やっと日本でも、飛蚊症のレーザー治療が始まったので、関心を持たれてる方も多いと思います。
日本で飛蚊症のレーザー治療が始まって1年程ですが、実際、レーザー治療で飛蚊症が治せるのかどうか調べてみました。


飛蚊症の種類と治し方



飛蚊症には、病的飛蚊症と生理的飛蚊症とがあります。

病的飛蚊症は、原因である眼病をどうにか出来れば良いとされているので、治し方がある程度発見できます。

生理的飛蚊症の場合は、病気ではないので治療の必要なしと言われ、手術による治療はしないというのが一般的でした。

症状がひどい場合は、硝子体手術が行われることもあったようです。

この治し方は硝子体の濁りを取り除いて症状を改善するのが目的ですが、網膜剥離や白内障などの合併症を引き起こす可能性があるなどリスクが高い為、あまり行われていないそうです。

そこで、リスクが少ない治療方法として出てくるのがレーザー治療です。





飛蚊症の治し方 レーザー治療の目的



飛蚊症レーザー治療は、飛蚊症そのものの治し方というよりは、飛蚊症の症状の改善が目的です。

レーザーを照射して、硝子体の濁りを取り除き症状を軽くするというやり方です。

人にもよりますが、3回~5回の照射で改善されるようです。

2013年から飛蚊症レーザー治療を行う病院が日本にも出てきました。

<スポンサーリンク>






飛蚊症の治し方 レーザー治療の注意点



飛蚊症レーザー治療は同じ日に両眼ができないので、片眼ずつ行う必用があります。

さらに、1回目のレーザー照射をしたあと2回目まで1か月以上間隔を開けないといけないなどの制約があります。

遠方の病院を選んでしまうと、都度交通費もかかりますので、時間もお金も予想以上かかってしまうことは気を付けなければなりません。





飛蚊症の治し方 レーザー治療の料金



1回目のレーザー照射両眼でおおよそ30万円、2回目以降は10万円ほどです。

3回で50万円、5回なら70万円ほどかかる計算です。別途検査にも料金がかかります。

安い医院だと、1回目のレーザー照射両眼でおおよそ20万円、2回目以降は10万円のところもあるようですが、やはり高いですよね。






飛蚊症の治し方 レーザー治療を受けた方の感想



実際に飛蚊症のレーザー治療を受けられた方の感想がインターネット上で紹介されています。

治療を受けてみて、飛蚊症の症状改善が実感できた方の割合は約6割だそうです。(病院調べ)

飛蚊症の症状の改善割合も、やはり完治レベルではなく4割~6割ほどの改善が感じられたという程度のようです。

残念ながら、あまり症状の改善を感じられなかった方もいるようなので、過度の期待は禁物ですね。

費用面でもう少し安価になれば、重い症状が少しでも改善される可能性があるのならレーザー治療を受けるメリットも大きいと思います。

今後、より効果が高まり、料金も安価で受けられるようになればいいですね。

⇒関連記事 飛蚊症に三共漢方薬品は効果があるの?

<スポンサーリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

飛蚊症に三共漢方薬品は効果があるの? [飛蚊症]

飛蚊症ってどんな病気?原因は?そんな飛蚊症の疑問に三共漢方薬品が親切に説明をしてくれています。
飛蚊症の症状の確認、飛蚊症への対応について、三共漢方薬品独自に開発した、あるものが効果的だそうです。
三共漢方薬品の会長が飛蚊症について、動画でも説明してくれています。

飛蚊症について、どんな病気で、どんな改善方法があるのかを調べてみると、三共漢方薬品が出てきます。
三共漢方薬品は、飛蚊症をはじめ眼病専門らしく、眼科との違いは何か気になったのでまとめてみました。

<スポンサーリンク>





飛蚊症、他の眼病について、三共漢方薬品の見解




三共漢方薬品の代表南口氏はこう言っています

眼は消耗品です。(テレビ、パソコン、読書など)使えば使うほど眼球にストレスがかかります。
眼球が硬くなり、目の筋肉で血管を圧迫し、血管を狭くして血液、酸素、栄養分が通りにくくなります。
目が老化して視力低下や白内障、飛蚊症、緑内障、黄斑変性症を起こし易くなります!
眼を休め睡眠をたっぷりとって下さい!

だそうです。

三共漢方薬品は、飛蚊症をはじめ、眼病専門の漢方を研究、処方をしています。

三共漢方薬品の会長が自ら動画に出演し、飛蚊症にも効く漢方を紹介しています。


飛蚊症ってどんな病気か



飛蚊症の原因



飛蚊症(ひぶんしょう)には、 生理的なものや、加齢によるもの、眼病が原因の場合もあります。
飛蚊症は病気というよりも、症状のひとつってことですね。

飛蚊症の症状



飛蚊症になると、目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。
浮遊物の見え方はいろいろあって、糸状だったり、小さな粒や丸い輪、半透明の場合もあるそうです。

邪魔だと思って視線を変えても、浮遊物は一緒に移動してきて、目をこすっても変化もしないし、一向に消えてくれません。

飛蚊症という字のごとく、蚊が飛んでいるように見える状態が延々と続くんですね。

蚊のようにほんとうっとうしいですね。

<スポンサーリンク>





飛蚊症について眼科の見解



眼科に行くと、飛蚊症について、「老化やストレスなどによるものですから気にしないで」

と言われることが多いと言います。

三共漢方薬品は、なんとか改善させたいというスタンスなので、ここが違いですね。

かかった側からしたら薬とかでなんとかしたいのに・・・

って思いますよね。

でも治療と言う治療はないらしいんです。

困ったものです。


飛蚊症には三共漢方薬品が手助けをしてくれる?



三共漢方薬品では、飛蚊症の症状そのものの原因とされる、老化に対応すべく、目に必要な栄養素を補ってくれる漢方を処方してくれるそうです。

実際に三共漢方薬品のおかげで飛蚊症が良くなった方のコメントが出ていましたので紹介します。



目の疲れがひどく飛蚊症、目の渇き、肩こりに悩んでおりました。教えてもらったまばたきダンスをしながら2か月服用。だんだん調子良くなってきています。

2か月続ける必要があるらしいですが、うっとうしい飛蚊症が改善されるならよいですね。


三共漢方薬品は大阪にあるようです。

電話での相談も受け付けているようですね。

<スポンサーリンク>




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
飛蚊症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます