SSブログ
ルイ・ブライユ ブログトップ

ルイブライユはどんな人だったのか 点字の暗号解読が難しかった?? [ルイ・ブライユ]

ルイブライユは3歳で片方の目が見えなくなり、5歳で両目が見えなくなり、小さくして光の無い生活を送ることになりました。でもルイブライユは学校での成績もよく、学年で一番になったこともあるくらい、頭も良かったようです。もしかしたら天才だったのかも知れませんね。いったいルイブライユはどんな人だったのでしょう?

<スポンサーリンク>





⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生


ルイブライユはどんな人 ~好奇心豊かな生活だった~



ルイブライユが3歳で左目が見えなくなったきっかけは、事故で錐(きり)で自分の目を突き刺したからです。

ルイブライユのお父さんの錐(きり)だったのですが、ルイブライユのお父さんは職人で、馬具や靴を作るのに使用していた道具のひとつでした。

工房は自宅の一階にあり、そこでルイブライユはよく遊んでいたようです。

工具もたくさんある中で、好奇心もはたらき、遊んでいる途中で事故にあったというわけですね。

右目も見えなくなった理由はこちら


<スポンサーリンク>





ルイブライユはどんな人 ~点字の発明~



ルイブライユはそれまでに使われていた12点式の点字を改良して6点式の点字を発明します。

それまであった12点式点字は、フランス軍のシャルル・バルビエが考えたもので、夜の暗闇でも命令を伝えるための暗号として開発したものでした。

ルイブライユは、この暗号解読に使われた点字が、読むのが難しく、また、この点字で文を書くのも難しいと感じていました。

そこで、もっと簡単に読めて、書くのも簡単な方法はないかと考えて、6点式の点字を発明することとなったのです。

ルイブライユは、目が見えない人でも楽曲の楽譜を書いたり、計算の数式を書いたりできるように、そのやり方を定めるなど、目が不自由な人のために力をつくしました。



ルイブライユはどんな人 ~すごくいい人~



ルイブライユは、自分自身が両目が見えなかったということもありますが、目が見えない人のために多くの活動をしました。

盲(もう)学校の教師もしましたし、教会のパイプオルガンを演奏するなどの活躍もしました。

わかりやすい点字の発明の功績も大きく、出身地のクプブレ村にはルイブライユの名の通りもあったり、ルイブライユの生家は世界中の視覚障がい者が訪れる点字博物館になっています。

ルイブライユの名を取った小惑星ブライユもあるくらい、彼は偉大で、すごくいい人だったんですね。

⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生


<スポンサーリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

点字の歴史 ルイ・ブライユってどんな人? 出身地や性別のまとめ [ルイ・ブライユ]

点字の歴史を調べると、必ず出てくるルイ・ブライユ。いったいどんな人で、どんな生活を送っていたのか気になりますよね。点字の歴史を知る為にも、ルイ・ブライユのことは知っておく必要があります。ここでは点字の歴史を作ったルイ・ブライユについてまとめてみました。

ルイブライユ点字.JPG
引用元(http://goo.gl/yFfPp2

<スポンサーリンク>






⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生

ルイ・ブライユはどんな人?



ルイブライユサイド.jpg
引用元 ウィキペディア

ルイ・ブライユの出身地と性別、何をした人かをまとめました。

出身地 フランス セーヌ・エ・マルヌ県 クプヴレ村

性別 男

何をした人か 6点式の点字を世界で初めて作った人



ルイ・ブライユと点字の歴史




ルイ・ブライユも目が見えなかった

ルイ・ブライユは3歳のときに左目が、5歳の時に右目が見えなくなりました。

ルイ・ブライユの両目が見えなくなった理由


自分自身の両目が見えなかったため、ルイ・ブライユは10歳から盲(もう)学校で12点式の点字の勉強をしました。


6点式の点字の発明



点字の歴史に大きな影響を与えた6点式の点字は、ルイ・ブライユが14歳の時に彼が発明しました。

それまでの12点式の点字と比べると、とてもわかりやすく、目の見えない人が学びやすく、生活も豊かになるきっかけになりました。

ルイ・ブライユの6点式の点字は、歴史的な発明でしたが、なかなか世間に認められませんでした。

<スポンサーリンク>





ルイ・ブライユが6点式点字を発明する前の点字の歴史



ルイ・ブライユが6点式の点字を発明する前も、点字はありました。

点字の歴史として古いものは、1670年、イタリア人フランチェスコ・ラナ・デ・テルツィが考案した、点と線を組み合わせてアルファベットを表現する方法です。

1819年には、ルイ・ブライユも勉強した12点式の点字が登場します。

発明したのはシャルル・バルビエ・ド・ラ・セールという人でした。

ルイ・ブライユより前にも、身の見えない人が文字を読めるように努力をした人がいたんですね。



ルイ・ブライユの点字の歴史



ルイ・ブライユが6点式の点字を発明したのは、1825年のことでしたが、フランスで正式に採用されたのは1854年のこと。

発明から30年近くたった後でした。

ルイ・ブライユは1852年に亡くなっていますので、正式採用されたのは亡くなった後と言うことになります。

でも、ルイ・ブライユは正式採用されたかどうかよりも、多くの人のためになったかどうかの方が気になったのではないでしょうか?


目の見えない人にとっては、点字の登場は歴史的な出来事です。

普通に目が見える人は、点字のありがたさを感じることってほとんど無いと思いますが、町中のいたるところに点字ってあります。

それだけ必要なものだということがわかりますね。

⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生

<スポンサーリンク>





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ルイ・ブライユ  一生をどのように送ったのか? [ルイ・ブライユ]

点字を発明したルイ・ブライユは今から約200年くらい前に生きていた人です。フランスで生まれてから小さいころに事故で失明して、点字を発明したルイ・ブライユの一生はどんなものだったのでしょう。

⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生


<スポンサーリンク>





ルイ・ブライユはどんな人か



ルイ・ブライユはどんな人か、どんな一生だったのか、くわしくご紹介します。

生年月日 1809年1月4日

生まれた場所 フランス セーヌ・エ・マルヌ県 クプヴレ村

ルイ・ブライユが生まれた村はフランスのパリの近くです。




ルイ・ブライユの一生 ~左目を失明~



ルイブライユは3歳の時に、事故で左目を失明してしまいます。

その事故では、ルイ・ブライユの父親が仕事で使っていた、馬具や革靴をつくる道具のきりで左目を刺してしまったのです。

<スポンサーリンク>





ルイ・ブライユの一生 ~右目も失明~



ルイ・ブライユは、左目を失明した時の感染症の影響で、5歳の時に右目も失明してしまいます。

左目に続いて、右目まで失明してしまったルイ・ブライユは5歳の若さで一生目が見えない生活をしなければならなくなったのです。



ルイ・ブライユの一生 ~両目を失明してからの生活~



ルイ・ブライユは両目を失明して、一生目が見えなくなってからはパリの盲学校に通います。

そこで、それまでの12点式の点字を改良して、6点式の点字を発明したのです。

卒業後は教官として働き、楽譜や数式などの点字の書き方を定めたりと、世界中で使われる点字として発展するきっかけを作りました。

その後、ルイ・ブライユは1852年1月6日に、肺結核で亡くなりました。

ルイ・ブライユの一生は、目が見えない人のためにささげられた一生と言って良いと思います。

その証拠に、ルイ・ブライユが生まれた家は点字博物館として公開されています。

⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生

<スポンサーリンク>





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ルイブライユが点字を作ったきっかけ 2つの理由 [ルイ・ブライユ]

ルイブライユが点字を作る前にも、実は点字そのものはあったのです。
ではなぜ、ルイブライユは点字を作った人として注目 されることとなったのでしょうか?

フランス人のルイブライユが作った点字は、彼の死後2年が経った1854年にようやくフランス政府に認められ以後世界に広まることとなりました。

⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生
⇒関連記事 ルイブライユはどんな人?

<スポンサーリンク>





日本でも、ルイブライユの点字をきっかけに、50音の点字が発明され、今でも使い続けられています。

日本の点字を発明したのは、石川倉治氏(1859~1944)
(ルイブライユの点字はアルファベットを表したもので、彼が50音を表すものを発明した)



さて、ルイブライユが点字を作る前の点字は「12点式」と言って、アルファベット1文字を表すのに12マスの中の点の配置が必要でした。

ルイブライユも始めはこの12点式を使っていましたが、読むのが相当大変だったようです。

想像してみましょう。

目で見るのではなく、指で触って12マスの中の点の配置で文字を判別する。


この配置だから「A」で、次の文字はこの配置だから「B」
・・・って一文字読み解くのにも相当な時間がかかります。


文字は読めるけど、こんなに時間がかかるのでは面倒だ!
というわけで、ルイブライユが研究を重ねた結果、6マスもあれば、全てのアルファベットが表現できることがわかりました。

すごくシンプルに表現できて大変読みやすく、ルイブライユの仲間たちからの評判も上々でした。



読む方もありがたかったですし、点字を書く(点を打つ)方も大助かりです。

12マスから6マスに減ったのですから、点を打つ労力も半分ってわけですね。

ルイブライユ点字.JPG

引用元(http://goo.gl/yFfPp2

ルイブライユが点字を作らなかったら、ずーっと大変な思いをしながらの読み書きになっていて、目の不自由な方の豊かな生活も成しえなかったかも知れませんね。


ルイブライユが点字を作るきっかけは

①ルイブライユ自身が全盲で、生活に不便を感じていたから
②既にあった点字では読み書きに時間がかかり過ぎるから

以上、まとめでした。

⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生
⇒関連記事 ルイブライユはどんな人?

<スポンサーリンク>






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

点字を発明したルイブライユの歴史と生活 [ルイ・ブライユ]

ルイ・ブライユ(Louis Braille)
生年月日:1809年1月4日生まれ
出身地:フランス セーヌ・エ・マルヌ県 クプヴレ村
200px-Braille.jpg
引用元(ウィキペディアより)

点字を発明したルイブライユの歴史と生活はどんなものだったのでしょう?



ルイブライユはどんな生活だったか



⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生


父親が馬具や革靴の制作職人で自宅に工房があり、
ルイ・ブライユはよく工房で遊んでいました。

ルイ・ブライユが3歳の時、工房で遊んでいるうち、
父親の工具の錐(きり)で誤って眼球を突き破って
しまいました。

この事故で左目を失明してしまい、その後感染症で
5歳の時に右目も失明し、全盲になってしまったのです。

<スポンサーリンク>





ルイ・ブライユはパリの盲学校に通っていたが、
在学中にそれまでの12点式の点字を改良し、6点式の
点字を発明しました。

ルイ・ブライユはパリの盲学校を卒業後、同校の
教官に就任し、視覚障がい者が書きやすいように
楽譜や数式などの点字の書き方も定めたのがきっかけ
で、世界中で使われる点字として広まりました。
ルイブライユ点字楽譜.gif
引用元http://ord.yahoo.co.jp/

ルイ・ブライユの晩年は、教会のパイプオルガンを
演奏するなどして活躍しました。

1852年1月6日に肺結核の為死去。43歳でした。



クプヴレ村ルイ・ブライユ通り13番地にある
彼の生家は点字博物館として公開されていて、
世界中の視覚障害者たちが訪れています。

ルイブライユが発明した点字について


ルイ・ブライユが6点式の点字を発明するまでは
12点式が使われていました。
12点式はフランス軍の軍人、シャルル・バルビエ(Charles Barbier)
がもたらした方式です。

12個の点の組み合わせで文字を表すのでは解読まで
時間もかかりますし、点字を書く方も大変ですね。
ルイ・ブライユは点の数を半分にして読む方も書く方も
便利に生活できるような偉大な発明をしたのですね。

<スポンサーリンク>





<スポンサーリンク>


⇒関連記事 ルイ・ブライユの歴史と生活
⇒関連記事 ルイ・ブライユが点字を作ったきっかけ
⇒関連記事 ルイ・ブライユの人生

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
ルイ・ブライユ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます