SSブログ

ヘビ毒の万能解毒薬 オポッサムのペプチドで救える命も [生物]

ペプチドって健康食品とかでよく目にしますが、どうやらヘビ毒に効果があるペプチドがあるらしいです。

しかもマムシにもガラガラヘビにも効く万能薬の可能性があるってことで、ヘビが苦手な私には見逃せない情報です。

日本の都会に住んでいる分には、日常生活においてほとんど遭遇することのないヘビですが、
日本でメジャーな毒ヘビと言えば

マムシ

ですかね。


私が田舎に住んでいた幼少期はよくみかけましたし、近所の人が噛まれたってこともありました。

マムシは世界のヘビ事情の中では毒性も低く、日本では血清も十分にあるので、たとえ噛まれてもすぐ病院で診てもらえば何のことはありません。(痛いですけど)

ですが、世界をみると毎年数万人の方がヘビ毒で亡くなっているそうです。

血清が整備されていない地域では、毒ヘビは生活上大きな脅威ですね。


そんな中、血清ではなくペプチドで解毒できる。しかもヘビ毒の種類問わず、万能で。

これは大きいニュースだと思います。

ヘビ毒の解毒に血清が必要なのは、毒の種類によって症状も違うため、その毒ごとの対処が必要だからってことらしいです。

なので、毒ヘビごとの血清のストックが必要ですし、どの蛇に噛まれたかわからなければ、どの血清を使ったらいいかわからない。

とか、血清が足りないとか、諸々対処のためのハードルが高かったわけですね。

それが、オポッサム(フクロネズミ)の血液に含まれるペプチドがどのヘビ毒にも有効らしいという研究結果が発表され、

ヘビ毒で悩まされている地域には大きな朗報となっています。

一部では、特定の種類に対してだけ効果があるのでは?

との反論もあるようですが、実際に複数のヘビ毒に効果がみられるとのことで、早く実用化してもらいたいものです。


因みに世界最強の毒ヘビと言われているのは
オーストラリアに生息している

インランドタイパン

なんとマムシの800倍の毒を持っているらしいです。


それでも世界の猛毒生物ランキングでは10位なんだとか・・・


上には上がいるもんですね。

バンパイアクラブ(吸血鬼カニ)は血を吸わせて寿命延ばす?飼い方は? [生物]

紫色のハサミ鮮やかな黄色い目
まさに漆黒の闇夜にマントを翻し、人々を恐怖させる吸血鬼の目のようです
バンパイアクラブ.jpg
【引用】http://petshopjet.jugem.jp/?day=20110805

この姿からバンパイアクラブ(吸血鬼カニ)と命名されたようですが、恐ろし気な名前とは裏腹に、アクアリウム市場ではペットとしても人気があるとか。

元々はインドネシアに生息していて、現地の方々が採取したものを、水生生物ディーラーが流通させたようです。

バンパイアクラブにもいくつか種類はあるようですが、詳しくは学術書等にも載らないまま市場に出回っていて、その中のいくつかが、調査の結果、実は新種だったと判明したらしいですね。


市場に出回ってるものなので、それがよくよく調べたら新種だったなんて言われたら驚きですね。

バンパイアクラブは生息地が限られているので、新種情報だけではなく、市場価値も上がってしまったりしたら

『乱獲』

の犠牲になる可能性があるのでは?
と心配されています。

天然の個体ではなく、人工的に繁殖させて、もっと身近なペットとして市場に出回るようだと安心です。

因みに、命名理由がその姿だけに、実際に血を吸うわけではないようです。
脱走ニュースがあったとしても慌てなくて済みますね!

飼うときは『共食い』に気を付けて、えさは多めに。
逃げ隠れする場所の確保、温暖な環境も必要らしいです。

しっかり環境を整えて飼育したいですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます